【Python】CSVをダウンロードする:自動化で作業効率アップ

Pythonエラー_webからcsvダウンロード_アイキャッチ Python

Pythonで、WebからCSVをダウンロードするコードをご紹介します。

CSVをダウンロードする

以下のソースコードを実行すると、WebからCSVをダウンロードします。

from selenium import webdriver

import os
import glob
import shutil
import time

# カレントディレクトリの移動
os.chdir("C:/Users/Admin/Desktop")

# カレントディレクトリの取得
current_dir = os.getcwd()

# tmpDownloadフォルダを設定
tmp_download_dir = f'{current_dir}\\tmpDownload'

# Chromeオプション設定でダウンロード先を変更
options = webdriver.ChromeOptions()
prefs = {'download.default_directory' : tmp_download_dir }
options.add_experimental_option('prefs',prefs)

# ドライバのパス設定
driver_path = 'C:/Users/chromedriver.exe'

# オプションを適用してChromeを起動
driver = webdriver.Chrome(executable_path = driver_path, chrome_options = options)

#  画面遷移
driver.get('http://')

#ダウンロード開始するボタンをクリック
search_btn = driver.find_element_by_name("btnCSV")
search_btn.click()

time.sleep(15)

# ファイル取得
download_fileName = glob.glob(f'{tmp_download_dir}\\*.*')

# Chromeを閉じる
driver.quit()

# ダウンロードしたファイルを移動
shutil.move(download_fileName[0], 'C:/Users/Admin/Desktop/Python')

# tmpDownloadフォルダの削除
shutil.rmtree(tmp_download_dir)

 

ソースコード実行

1. 指定したサイトへアクセスし、「CSV出力」ボタンをクリックして、

  CSVファイルをダウンロードします。

 (ボタンをクリックしてダウンロードする形式です。)


 

2. デスクトップに「tmpDownload」フォルダが作成されます。


 

3. デスクトップの「tmpDownload」フォルダに、

  サイトでダウンロードしたCSVファイルが保存されます。


 

4. CSVファイルを指定したフォルダに移動します。


 

5. デスクトップの「tmpDownload」フォルダを削除します。


 

本当はダウンロードしたCSVファイルを、直接指定のフォルダへ保存したかったのですが、

初心者には難しくうまくいかなかったため、一時フォルダを作ってから、

保存したいフォルダにCSVファイルを移動するコードにしました。
 

【Python】invalid syntax:エラー対処方法
...