【Python】Excelの文字の出現回数をカウント:openpyxlの基本テクニック

Python_Excelの文字列の出現回数をカウント_アイキャッチ Python

Python(openpyxl)で、エクセルの文字列の出現回数をカウントする方法をご紹介します。

単語数を数えた結果は、リストに格納します。

ぜひ、お試しください。

Excelの文字の出現回数をカウント

以下のコードを実行すると、エクセルシート内にある文字別の出現数を取得します。


import openpyxl

wb = openpyxl.load_workbook('C:/Users/xxx/Desktop/test/test.xlsx')
ws = wb['Sheet1']

#検索対象の文字列
My_Value = ['左ルー','千葉県','田']
Result_Count = []

for list in My_Value:
    i = 0
    for row in ws.iter_rows():
        for cell in row:
            if list in str(cell.value):
                i = i + 1
    Result_Count.append(i)

print(My_Value)
print(Result_Count)

#別名で保存
wb.save('C:/Users/xxx/Desktop/test/testデータ出現個数.xlsx')

 

コード実行後

特定文字の出現回数をカウントします。

[My_Value = [‘左ルー’,’千葉県’,’田’]] にて、カウントする対象文字を指定します。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【Python】エクセル処理を自動化:超便利41選
...

 

「PythonでExcel、メール、Webを自動化する本」

準備に時間をかけず、すぐ始められます
実践的な例題で、実務で本当に使えるプログラムを紹介
自分の仕事を効率化したい方の大きな武器になるオススメの1冊です!