【PowerAutomateDesktop】新規ブックを名前を付けて保存:完全解説

PowerAutomateDesktop-Excelを新規作成し名前を付けて保存-アイキャッチ PowerAutomate

Power Automate Desktopで、Excelを新規作成して名前を付けて保存する方法をご紹介します。

ぜひお試しください!

フロー作成:Excelの起動

Power Automate Desktopを立ち上げて「新しいフロー」


 

フロー名を入力します。


 

フロー名が追加されます。

このまま少し待機すると次の画面が表示されます。


 

アクションから「Excel」「Excelの起動」を選択し、

右側の画面にドラッグ&ドロップします。


 

「Excelの起動」から「空のドキュメントを使用」を選択して保存します。


 

フロー作成:メッセージボックス

アクションから「メッセージボックス」「入力ダイヤログを表示」を選択し、

右側の画面にドラッグ&ドロップします。


 

入力ダイヤログのタイトル:「ファイル名を入力」

入力ダイヤログメッセージ:「ファイル名を入力してください」


 

フロー作成:Excelの保存

アクションから「Excel」「Excelの保存」を選択し、

右側の画面にドラッグ&ドロップします。


 

「保存モード」から「名前を付けてドキュメントを保存」を選択し、

「ドキュメントパス」に保存先のファイルパスを直接コピペします。


 

コピペしたファイルパスの一番後ろに「バックスラッシュ」を追加します。

前方からコピペしてもOK


 

「変数の選択」アイコンから、「UserInput」を選択します。


 

「保存」


 

フロー実行

「実行」


 

Excelの新規ファイルが開いて、ダイヤログボックスが表示されます。

ダイヤログボックスに任意のファイル名を入力して「OK」をクリックします。


 

ダイヤログボックスで入力した文字をファイル名として、

エクセルを保存することができました。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。

・【PowerAutomateDesktop】Excelを操作する使用例まとめ
 

【PowerAutomateDesktop】Excelを操作する使用例21選
...

 

「はじめてのPower Automate Desktop」
プロ集団が執筆!
RPAの基礎知識を身に着けたい方にもわかりやすい解説本です。