【ワードマクロ】表の文字を削除:使用例2選

ワードマクロ:表の文字を消すアイキャッチ WordVBA

ワードマクロで、表の文字を削除するVBAコードをご紹介します。

表が複数ある場合など、表の文字を消すのが手間な場合に便利なマクロです!

ぜひお試しください!

表の文字を削除する(すべてのセル)

以下のWordVBAを実行すると、表の文字を一括で消去します。


Sub 表の文字を消去()
 
Dim GetTbl As Table
 
  For Each GetTbl In ActiveDocument.Tables
             
        GetTbl.Select
        Selection.Delete Unit:=wdCharacter, Count:=1

  Next GetTbl
     
End Sub

マクロ実行前

表のセルに文字が入力されている状態です。


 

マクロ実行後

すべての表の値を削除します。

結合されているセルに入力されている文字も消去します。

表の罫線は消去しません。


 
 

表の文字を削除する(特定の行)

以下のWordVBAを実行すると、特定行の表の文字を消去します。


Sub 特定の行の文字をクリア()

Dim i As Long
Dim TblClmCnt As Long

    With ActiveDocument.Tables(1)
    
        '表の列数をカウント
        TblClmCnt = .Columns.Count
    
        '表の文字を消す
        For i = 1 To TblClmCnt
            .Columns(i).Cells(2).Range.Text = ""
        Next i
    
    End With

End Sub

 

マクロ実行後

文書内の一番上にある表について、2行目の文字を消しました。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 
・【ワードマクロ】表の処理を自動化の使用例まとめ
 

【ワードマクロ】表の処理を自動化:超便利13選
...

 

「たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書【増強完全版】」
「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ
毎日の業務を瞬時に終わらせるしくみを解説