【Teams】Outlookの予定リマインドをチャット通知:PowerAutomate(動画あり)

teams-Outlookの予定をチャット通知-アイキャッチ PowerAutomate

PowerAutomateを使って、Outlookの予定リマインドをTeamsチャットへ自動通知する方法をご紹介します。

1度設定をしてしまえば、自動でスケジュールのリマインドが入るようになるので、
「うっかり会議出席を忘れていた・・」なんてことも防げます!

Power Automate起動と設定

Office365へアクセスし、左上をクリック


 

「PowerAutomate」選択


 

「作成」


 

「自動化したクラウドフロー」


 

「フロー名」 を入力(任意の内容でOK)

「フローのトリガーを選択してください」 に ”予定しているイベントが間も” と入力すると、
下に候補が表示されるので、チェックを入れる

「作成」


 

「カレンダーID」「Calendar」


 

「詳細オプションを表示する」


 

「ルックアヘッドタイム」 に ”10” と入力

※Outlookに入れてあるスケジュールの開始10分前に、チャット通知されるように設定


 

「新しいステップ」


 

検索窓に 「タイム」 と入力し、

下の候補から 「タイムゾーンの変換」 クリック


 

「基準時間」 の枠内をクリックし、「開始時刻」


 

「変換元のタイムゾーン」「(UTC)協定世界時)」
※完全一致するものを選ぶ。似たものがいくつかあるので注意


 

「変換先のタイム ゾーン」 「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」


 

「書式設定文字列」 で 「カスタム値の入力」


 

「HH:mm」 入力


 

「新しいステップ」


 

「Microsoft Teams」 クリック


 

「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」 クリック


 

「投稿者」「フローボット」
「投稿先」 で 「グループチャット」


 

「グループチャット」 で、送信先のグループチャットを選択


 

「メッセージ」 を直接入力(文面はアレンジ可能)


 

右側のウィンドウ 「タイムゾーンの変換」 から ”変換後の時間” をクリック


 

右側のウィンドウから「もっと見る」 クリック


 

右側のウィンドウから ”件名” をクリック

「件名」=Outlookの予定の ”タイトル” のことです


 

「保存」


 

下図のメッセージが表示されれば、設定OK
エラーが出たら、設定が間違っている可能性がありますので、見直してみてください。


 
 

動作確認

動作テスト用に、アウトルックに予定を入力します。

少し余裕をもって、15分後にスケジュールを設定します。


 

開始時刻の6分前に、通知メッセージが届きました。

このPowerAutomateを設定して間もないころは、10分前じゃなくて、5~6分前に通知がきます。
(私だけかな?!)

設定後、半月くらい?すると、9~10分前にチャット通知がくるようになりました。


 

送信先のチャットの表示は、下図の通りです。

今後は、予定時刻の前に自動でチャット通知が入るようになります。
(かなり便利です!)


 

動画解説

動画ではフローの作り方・動作を確認できます。

クリックすると、この記事上で再生されます^^

 
以上、PowerAutomateで予定表のリマインダーを作る方法でした!

この記事がお役に立ちますと幸いです。

・【Teams】自動投稿でメッセージ送信する方法:こちらも便利です!
 

【Teams】自動投稿でメッセージ送信する:簡単 PowerAutomate
...

 

「テレワークの切り札! Office365 Teams 即効活用ガイド」
使い方、活用法がこの1冊で丸わかり!
仕事効率を根本から変える完全ガイドです