【Python】Google Sheets APIでスプレッドシート操作:pandas使用

Python-Google Sheets APIでスプレッドシート操作-アイキャッチ Python

Pythonで、Google Sheets APIでスプレッドシートを操作する方法をご紹介します。

pandasでピボットテーブルを作成して、スプレッドシートにデータ転記します。

ぜひお試しください!

Google Sheets APIでスプレッドシート操作

以下のコードを実行すると、WebAPIでスプレッドシートを操作します。


import gspread
from google.oauth2.service_account import Credentials
import pandas as pd
from gspread_dataframe import set_with_dataframe

#認証
scopes = [
    'https://www.googleapis.com/auth/spreadsheets',
    'https://www.googleapis.com/auth/drive'
]

credentials = Credentials.from_service_account_file(
    'xxx.json',
    scopes=scopes
)

gc = gspread.authorize(credentials)

#スプレットシートとシート指定
SP_KEY='1XH6cyl6ES5TeWuQR6613Jum0VDS0sb_DQzYWTdzAKTU'
SP_SHEET='test'

#スプレッドシート開く
sh=gc.open_by_key(SP_KEY)

#シートを変数格納
ws=sh.worksheet(SP_SHEET)

#スプレッドシート 全データ読込
data=ws.get_all_values()

#pandasで読込 B列から読込 1行目はタイトル行として認識させる
df=pd.DataFrame(data[2:],columns=data[1])

#空の列を除く
df=df.drop(df.columns[[0]], axis=1)

#ピボットテーブル作成
df=df.astype({'得点': int,'ID':int})
pvt_table=df.pivot_table(index='配属',values='得点',aggfunc='sum')

#新規シート追加
new_sh=sh.add_worksheet(title='new',rows=50,cols=50)

Output_row=2
Output_col=2

set_with_dataframe(new_sh,pvt_table.reset_index(),row=Output_row,col=Output_col)

 

コード実行前

スプレッドシートを事前に準備しておきます。


 

コード実行後

「test」シートのデータでピボットテーブルを作成して、

結果を「new」シートに転記します。

(「配属」ごとの得点合計を転記しています。)


 
※事前にAPIキーを取得しておく必要があります。
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【Python】WebAPIからCSV出力:Pandas使用
...

 

「Python[完全]入門」
「この一冊で」しっかりやさしく学べるPythonの教科書
はじめてプログラムを行う人でも安心して読み進められる!