【PowerAutomateDesktop】Excel特定文字を別ファイル転記:動画あり

PowerAutomateDesktop-特定文字の行を別ファイル転記-アイキャッチ PowerAutomate

PowerAutomateDesktopで、Excelの特定文字を別ファイルへ転記する方法をご紹介します。

マイクロソフトの無料RPAを使って、作業を自動化しちゃいます!

対象のExcelファイル

A列が「りんご」の行を、

自動で別ファイルに転記したいと思います。


 

フロー全体像

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成

「Excelの起動」を設定

※読み取るデータが入っているExcelファイルを指定します。


 

もうひとつ「Excelの起動」を設定

※書き込み用のExcelファイルを新規作成します。


 

「アクティブなExcelワークシートの設定」

※読み取るファイルのシート名を指定します。


 

「Loop」で、1~15行目までを1行ずつループします。


 

Loopの中に「Excelワークシートから読み取り」を挿入

※ExcelのA列のデータを読み取ります。


 

続けて「IF」を挿入

※検索する文字を指定します。


 

IFの中に「Excelワークシートから読み取り」を挿入

※A~D列の値を1行ずつ読み取ります。


 

続けて「Excelワークシートから最初の空の列や行を取得」を挿入


 

続けて「Excelワークシートに書き込み」を挿入

※新規Excelに取得したデータを転記していきます。


 

「End」の下に「Excelの保存」を挿入

フローが完成しました!


 

フロー実行後

指定文字がある行のデータを、別ファイルに抽出します。


 

動画の解説

動画ではフローの作り方・動作を確認できます。

クリックすると、このブログ上で再生できます^^

 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【PowerAutomateDesktop】Excelを操作する使用例14選
...

 

「はじめてのPower Automate Desktop」
プロ集団が執筆!
RPAの基礎知識を身に着けたい方にもわかりやすい解説本です。