【PowerAutomateDesktop】Excelでセル値をクリア(消去):RPA活用術

PowerAutomateDesktop-Excelでセル値をクリア-アイキャッチ PowerAutomate

Power Automate Desktopで、Excelでセル値をクリア(消去)する方法をご紹介します。

ぜひお試しください!

Excelでセル値をクリア(特定範囲)

対象のExcelファイル

「Sheet2」の特定範囲のセル値を削除したいと思います。


 

フロー全体像

こちらがフローの全体像です。

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成

新規フローを作成し、「Excelの起動」

※読み取るExcelファイルを指定します。


 

「アクティブなExcelワークシートの設定」

※対象のシート名を指定します。


 

「Excelワークシート内のセルを選択」

※セルの文字を消したいセル範囲を指定します。


 

「キー送信」

{Delete} と入力します。

フローが完成しました!


 

フロー実行後

指定シートの特定範囲の値をクリアします。


 

Excelでセル値をクリア(最終行・最終列)

対象のExcelファイル

「Sheet2」のA2を起点に、最終行・最終列まで消去したいと思います。


 

フロー全体像

こちらがフローの全体像です。

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成

解説図が無いところは、上部に掲載がありますのでご覧ください。

1. 新規フローを作成し、「Excelの起動」

2. 「アクティブなExcelワークシートの設定」

3. 「Excelワークシートから最初の空の列や行を取得」


 

4. 「Excelワークシート内のセルを選択」

※セルの文字を消したいセル範囲を指定します。


 

5. 「キー送信」に、{Delete} を入力

フローが完成しました!

フロー実行後

セルA2を起点として、最終列・最終行まで値をクリアします。


 

 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【PowerAutomateDesktop】Excelを操作する使用例12選
...

 

「はじめてのPower Automate Desktop」
プロ集団が執筆!
RPAの基礎知識を身に着けたい方にもわかりやすい解説本です。