【PowerAutomateDesktop】フォルダをZIP圧縮する:RPA活用事例

PowerAutomateDesktop-フォルダZIP圧縮-アイキャッチ PowerAutomate

Power Automate Desktopで、フォルダをZIP圧縮する方法をご紹介します。

ぜひ、お試しください!

フォルダをZIP圧縮

概要

デスクトップにある「テスト」フォルダを圧縮して、

デスクトップにZIPファイルを保存したいと思います。


 

フロー全体像

フローは1つです。

フロー作成で、作り方を解説します。


 

フロー作成

1. 「ZIPファイル」

アーカイブパス:ZIPファイルの保存先とファイル名を指定(パスの最後に「.zip」をつける)

圧縮するファイル:「フォルダ」アイコンをクリックして、フォルダを選択


 

フロー実行

指定フォルダを圧縮したZIPファイルを、デスクトップに作成できました。


 


 

フォルダをZIP圧縮(ファイル名を今日の日付にする)

概要

デスクトップにある「テスト」フォルダを圧縮して、

デスクトップにZIPファイルを保存したいと思います。


 

ファイル名は「DATA」+「今日の日付」(年月日)にします。


 

フロー全体像

フロー作成で、作り方を解説します。


 

フロー作成

1. 「現在の日時を取得します」


 

2. 「datetimeをテキストに変換」

変換するdatetime:%CurrentDateTime%

使用する形式:カスタム

カスタム形式:yyyyMMdd


 

3. 「ZIPファイル」

アーカイブパス:ZIPファイルの保存先とファイル名を指定(パスの最後に「.zip」をつける)

 パスの中に「%FormattedDateTime%」を挿入し、ファイル名に今日の日付を入れる

圧縮するファイル:「フォルダ」アイコンをクリックして、フォルダを選択


 

フロー実行

指定フォルダを圧縮し、ファイル名に今日の日付を入れます。


 
 

以上、Power Automate Desktopの活用術でした。

この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【PowerAutomateDesktop】日付のフォルダ作成:3選
...

 

「できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA」
インストールや基本操作から、Excelでの請求書作成の自動化方法も掲載
本書は、RPA初心者向けとしてナンバーワンです!!