【PowerAutomateDesktop】Excelで空白行を削除:RPA早わかり

PowerAutomateDesktop-Excelで空白行を削除-アイキャッチ PowerAutomate

Power Automate Desktopで、Excelで空白行を自動削除する方法をご紹介します。

マイクロソフトの無料RPAを使って、作業を自動化しちゃいましょう!

ぜひお試しください!

フロー全体像

こちらがフローの全体像です。

フロー作成①~②で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成①

新規フローを作成し、「Excelの起動」を設定

※読み取るデータが入っているExcelファイルを指定します。


 

「アクティブなExcelワークシートの設定」

※読み取るファイルのシート名を指定します。


 

「変数の設定」

※逆ループにしたいので、マイナス1を入力します


 

「Loop」で、15~1行目までを「-1行ずつ」逆ループします。


 

ここまでのフローはこんな感じです。


 

フロー作成②

Loopの中に「Excelワークシートから読み取り」を挿入

※ExcelのB列のデータを読み取ります。


 

続けて「IF」を挿入

※「演算子」を「空である」にすると、セルの空白判定ができます。


 

IFの中に「Excelワークシートから行を削除」を挿入

※空白セルがあったら行を削除します

フローが完成しました!


 

フロー実行後

B列が空白スペースの場合、行を一括削除します。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 
 

「はじめてのPower Automate Desktop」
プロ集団が執筆!
RPAの基礎知識を身に着けたい方にもわかりやすい解説本です。