【PowerAutomateDesktop】複数CSVを1つに結合する:RPA活用事例

PowerAutomateDesktop-複数CSVを1つに結合-アイキャッチ PowerAutomate

Power Automate Desktopで、複数CSVを1つに結合する方法をご紹介します。

ぜひ、お試しください!

対象のCSV

「テスト」フォルダの中に、CSVファイルが3つあります。

「書き込み」フォルダも作成しておきます。


 

CSVファイル「データ1.csv」「データ2.csv」「データ3.csv」は、

A~H列までデータが入っており、最終行はファイルにより異なります。


 

「書き込み」フォルダの中に「書き込み用.csv」を作成しておきます。

(データは入っておらず、空の状態にしておきます。)


 

フロー全体像

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成

1. 「フォルダーの選択ダイアログを表示」


 

2. 「フォルダー内のファイルを取得」

※「ファイルフィルター」で「*.csv」と入力し、CSVファイルのみを対象とします。


 

3. 「For each」

フォルダ内にあるCSVファイルをループします。


 

4. 「CSVを読み取ります」


 

5. 「CSVファイルに書き込みます」


 

フロー実行

「フォルダーの参照」が表示されるので、該当フォルダを選択します。


 

複数のCSVファイルを結合して、1つのファイルにまとめます。

なぜか3行目からデータが貼りつきます。。


 
 
以上、Power Automate Desktopの活用術でした。

この記事がお役に立ちますと幸いです。

・【PowerAutomateDesktop】Excelを操作する使用例まとめ
 

【PowerAutomateDesktop】Excelを操作する使用例21選
...

 

「できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA」
インストールや基本操作から、Excelでの請求書作成の自動化方法も掲載
本書は、RPA初心者向けとしてナンバーワンです!!