【エクセルマクロ】期限切れの日付をチェックする:コピペで使えるコード

エクセルマクロ_期限切れの日付をチェック_アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、期限切れの日付をチェックするVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
せひ、お試しください。

期限切れの日付に色付けする

以下のExcelVBAを実行すると、期限が切れている日付をチェックして背景色を塗りつぶします。


Sub 期限切れを確認する()

Dim LastRow As Long
Dim TargetDay As Long
Dim i As Long
        
    '最終行取得
    LastRow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    
    '日付
    TargetDay = Range("D2")
    
    '行ループ
    For i = 2 To LastRow
    
        '期限を過ぎたら、背景色に色付け
        If Cells(i, 2) < TargetDay Then
            Cells(i, 2).Interior.Color = 65535
        End If
    
    Next i
    
End Sub

 

マクロ実行後

期限を過ぎた日付に着色します。


 
 

期限切れの日付をメッセージボックスで警告

以下のExcelVBAを実行すると、指定日を過ぎた日付がある場合メッセージボックスで警告します。


Sub 期限切れを確認する()

Dim LastRow As Long
Dim TargetDay As Long
Dim Warning As String
Dim i As Long
        
    '最終行取得
    LastRow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    
    '日付
    TargetDay = Range("D2")
    
    '行ループ
    For i = 2 To LastRow
    
        '指定の期限が切れている場合、変数にデータを格納
        If Cells(i, 2) < TargetDay Then
            Warning = Warning _
                & "・" & Cells(i, 1) & ":" & Cells(i, 2) & vbCrLf
        End If
    
    Next i
    
    If Warning = "" Then
        MsgBox "期限切れはありません。"
    Else
        MsgBox "【期限が切れています】" & vbCrLf & Warning
    End If
    
End Sub

 

マクロ実行後

期限を過ぎた日付がある場合、メッセージボックスに該当データを表示します。

 
この記事がお役に立ちますと幸いです。