【エクセルマクロ】入力規則のリストを配列で設定:簡単解説するよ

ExcelVBA-入力規則リスト配列で設定-アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、入力規則のリストを配列で設定するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
せひ、お試しください。

入力規則のリストを配列で設定

以下のExcelVBAを実行すると、配列を使用してリストの値を指定します。


Sub ドロップダウンリスト項目を配列で指定()

Dim A_List As Variant
Dim B_List As Variant
Dim C_List As Variant

    A_List = Array("北海道", "青森", "秋田", "岩手")
    B_List = Array("Z商事", "X会社", "Y工業")
    C_List = Array("アメリカ", "フランス", "モンゴル")

    With Range("A2:A4").Validation
        .Delete
        .Add Type:=xlValidateList, _
             Operator:=xlEqual, _
             Formula1:=Join(A_List, ",")
    End With

    With Range("C2:C4").Validation
        .Delete
        .Add Type:=xlValidateList, _
             Operator:=xlEqual, _
             Formula1:=Join(B_List, ",")
    End With

    With Range("E2:E4").Validation
        .Delete
        .Add Type:=xlValidateList, _
             Operator:=xlEqual, _
             Formula1:=Join(C_List, ",")
    End With
    
End Sub

 

マクロ実行前

A列、C列、E列にそれぞれ「元の値」が異なる入力規則を設定したいと思います。


 

マクロ実行後

配列で指定した値を、入力規則のリストに反映します。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】入力規則を自動操作する:超便利5選
...