【エクセルマクロ】ダブルクリックした行の値を配列に格納する

エクセルマクロ:ダブルクリックで行の値を配列に格納 アイキャッチ ExcelVBA

エクセルマクロで、ダブルクリックした行の値を配列に格納するVBAコードをご紹介します。

特定の1行だけ配列に格納することができます。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひ、お試しください。
 

ダブルクリックした行の値を配列格納

以下のマクロを実行すると、ダブルクリックした行の値を配列に格納します。


Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)

Dim i As Long
Dim Last_Clm As Long
Dim Tmp() As Variant
Dim msg As String

    '最終列を取得
    Last_Clm = Range("A1").End(xlToRight).Column - 1

    '配列の要素数を指定
    ReDim Preserve Tmp(Last_Clm)

    With Target

        'A列をダブルクリックしたら
        If .Column = 1 Then
            For i = 0 To Last_Clm
                Tmp(i) = Cells(ActiveCell.Row, 1).Offset(0, i).Value
            Next i
        End If
    End With
    
    '配列の中身を変数へ格納
    For i = 0 To UBound(Tmp)
        msg = msg & Tmp(i) & vbCrLf
    Next
    
    'メッセージボックス表示
    MsgBox msg

End Sub

 

マクロ実行後

ダブルクリックした行の値を、配列 [Tmp] に格納します。

例えばセルA3をダブルクリックすると、3行目の値を配列へ格納します。


 

配列の中身をメッセージボックスに表示します。


 

セルA3をダブルクリックした場合の、配列の中身です。


 

マクロコードを記載する場所

「請求リスト」シートをダブルクリックしたときに、マクロを実行したい場合は、

「請求リスト」シートにマクロコードを記述します。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 
・【エクセルマクロ】ダブルクリック処理を自動化する使用例まとめ
 

【エクセルマクロ】ダブルクリックで処理を実行:超便利17選
...

 

「Excel自動化[最強]時短仕事術」
自動化の基礎と時短に役立つテクニック解説書
毎日の定型業務を手際良く行え、大幅な業務効率化を実現!