【ワードマクロ】WordをPDFに変換する方法:簡単解説

ワードマクロでWordをPDF出力するアイキャッチ ワードマクロで効率化する

ワードマクロで、WordをPDF化するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

WordをPDFに変換する

以下のWordVBAを実行すると、
アクティブなワードファイルを、PDF化して保存します。

Sub PDF出力する()

    Dim FileStr As String
    Dim FindPoint As Long
    
    FindPoint = InStrRev(ActiveDocument.Name, ".")
    FileStr = Left(ActiveDocument.Name, FindPoint - 1)

    ActiveDocument.ExportAsFixedFormat OutputFileName:= _
        ActiveDocument.Path & "\" & FileStr & ".pdf" _
        , ExportFormat:=wdExportFormatPDF

End Sub

マクロ実行前

フォルダ内にある「WordをPDF出力する.docm」ファイルを開いた状態で、マクロを実行します。
マクロコードは、「WordをPDF出力する.docm」内に記述します。

 

マクロ実行後

同じフォルダ内に、元のWordファイルと同じファイル名のPDFファイルを作成しました。

 

VBAコードの解説

[FindPoint] は、ファイル名のカンマの位置を検索します。

[FileStr] は、ファイル名から拡張子を除いた文字列を取得します。
今回の場合は、「WordをPDF出力する」という文字列を取得しています。
 
 

【ワードマクロ】文字色を一括で変更:4つの使用例を紹介するよ
「文字色を変更する」WordVBAコードの組み方を記載しています。複数パターンを図解付きで説明しています。[Color]プロパティで対象文字を赤・青・緑など好きな色に一括で変更できます。[Select Case ]を使用し、指定した文字列によって色分けすることもできます。スキルシートをチェックするツールとして組み込んでいたマクロです。