【ワードマクロ】表の罫線を引く・消す:コピペで使えるコード

WordVBA-表の罫線を引く消す-アイキャッチ WordVBA

ワードマクロで、罫線を引く・罫線を消すVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひ、お試しください!

表の罫線を引く

以下のWordVBAを実行すると、5行 × 4 列の罫線を引きます。


Sub 罫線を引く()
 
  Dim MyRange As Range
     
  ActiveDocument.Tables.Add Range:= _
  Selection.Range, NumRows:=5, NumColumns:=4
                 
  ActiveDocument.Tables(1).Style = "表 (格子)"
 
End Sub
マクロ実行後

5行 × 4 列の罫線を入れました。

 

VBAコードの解説

[NumRows:=5] は、
罫線を引く行数を「5行」に指定しています。

 

[NumColumns] は、
罫線を引く列数を「4列」に指定しています。

 

表の罫線を消す

以下のWordVBAを実行すると、すべての罫線を消去します。


Sub 表の罫線を消去()
  
  Dim i As Long
  Dim TblCnt As Long
  
  Application.ScreenUpdating = False
   
  'ファイル内にある表をカウント
  TblCnt = ActiveDocument.Tables.Count
   
  '全ての表をループ
  For i = 1 To TblCnt
    With ActiveDocument.Tables(i)
        .Borders(wdBorderLeft).LineStyle = wdLineStyleNone
        .Borders(wdBorderRight).LineStyle = wdLineStyleNone
        .Borders(wdBorderTop).LineStyle = wdLineStyleNone
        .Borders(wdBorderBottom).LineStyle = wdLineStyleNone
        .Borders(wdBorderHorizontal).LineStyle = wdLineStyleNone
        .Borders(wdBorderVertical).LineStyle = wdLineStyleNone
        .Borders(wdBorderDiagonalDown).LineStyle = wdLineStyleNone
        .Borders(wdBorderDiagonalUp).LineStyle = wdLineStyleNone
    End With
  Next i
  
  Application.ScreenUpdating = True
  
End Sub

マクロ実行前

罫線が引いてある状態です。

 

マクロ実行後

罫線を消しました。(文字列は消去されません。)

 
 

マクロで罫線を消去しても、
ワードの標準の設定で「グリッド線」という点線が表示される場合があります。
印刷プレビューで見ると、罫線が引かれていないことを確認できます。


 

この記事がお役に立ちますと幸いです。
 
・【ワードマクロ】表の処理を自動化の使用例まとめ
 

【ワードマクロ】表の処理を自動化:超便利13選
...

 

「たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書【増強完全版】」
「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ
毎日の業務を瞬時に終わらせるしくみを解説