【ワードマクロ】罫線を引く:基本をざっくり解説するよ

ワードマクロ罫線を引くアイキャッチ ワードマクロで効率化する

ワードマクロで、罫線を引くVBAコードをご紹介します。

初心者の方でも、コピペで簡単にできます。
ぜひ、お試しください!

罫線を引く

以下のWordVBAを実行すると、5行 × 4 列の罫線を引きます。

Sub 罫線を引く()
 
  Dim MyRange As Range
     
  ActiveDocument.Tables.Add Range:= _
  Selection.Range, NumRows:=5, NumColumns:=4
                 
  ActiveDocument.Tables(1).Style = "表 (格子)"
 
End Sub
マクロ実行後

5行 × 4 列の罫線を入れました。

 

VBAコードの解説

[NumRows:=5] は、
罫線を引く行数を「5行」に指定しています。

 

[NumColumns] は、
罫線を引く列数を「4列」に指定しています。

 

【ワードマクロ】罫線を消す:基本をざっくり解説するよ
ワードファイル内にある罫線を消去するWordVBAコードの組み方を記載しています。図解つきで説明しています。罫線のみ消去し、文字列は消去せずにそのまま残します。Wordは「罫線なし」に設定していても、表を挿入している箇所には薄いグレーの点線がつきます。印刷プレビューで見ると、罫線が引かれていないことを確認できます。