【ワードマクロ】文字の開始位置・終了位置を取得する

ワードマクロ:文字の開始位置終了位置アイキャッチ ワードマクロで効率化する

文字の開始位置・終了位置を取得する

以下のWordVBAを実行すると、
検索対象の文字について開始位置と終了位置を取得し、メッセージボックスに表示します。

Sub 開始位置と終了位置を取得()

 Dim Target As String
 Dim Myrange As Range
 Dim GetStart As Long
 Dim GetEnd As Long
    
 Set Myrange = ActiveDocument.Range(0, 0)

 Target = "忘年会"

 With Myrange.Find 

    .Text = Target
    
    '検索実行
     Do While .Execute
    
       '検索文字の開始位置と終了位置を取得
       If .Found = True Then
          GetStart = Myrange.Start
          GetEnd = Myrange.End
        End If
            
        MsgBox "開始位置:" & GetStart & vbCrLf & "終了位置:" & GetEnd
            
     Loop

 End With
    
End Sub
マクロで得られるデータ


 

マクロ実行時

検索対象の文字が1つ見つかった場合、メッセージが1つ表示されます。

 

VBAコードの解説

[Target = “検索文字”] は、
検索対象の文字を [Target] に格納します。
[Target] は、文字列を検索することを想定しているため [String] 型にしています。

 

選択範囲の文字の開始位置・終了位置を取得する

以下のWordVBAを実行すると、選択範囲の開始位置と終了位置を取得します。

Sub 選択範囲の開始位置と終了位置を取得()

Dim GetStart As Long
Dim GetEnd As Long

    GetStart = Selection.Start
    GetEnd = Selection.End
     
End Sub
マクロで得られるデータ


 

マクロ実行時

文字の開始位置と終了位置を取得することができました。

 

【ワードマクロ】文字色を一括で変更:4つの使用例を紹介するよ
「文字色を変更する」WordVBAコードの組み方を記載しています。複数パターンを図解付きで説明しています。[Color]プロパティで対象文字を赤・青・緑など好きな色に一括で変更できます。[Select Case ]を使用し、指定した文字列によって色分けすることもできます。スキルシートをチェックするツールとして組み込んでいたマクロです。