【PowerAutomateDesktop】リストから重複する項目削除:2選

PowerAutomateDesktop-リストから重複する項目削除-アイキャッチ PowerAutomate

Power Automate Desktopで、リストから重複する項目を削除する方法をご紹介します。

ぜひお試しください!

リストから重複する項目を削除

フロー全体像

リストに複数の値を追加したあと、
リストから重複を削除して、メッセージボックスに表示したいと思います。

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成

1. 「新しいリストの作成」


 

2. 「変数の設定」

1つ1つの値を、シングルクォーテーションで囲います。


 

3. 「For each」


 

4. 「For each」の中に「項目をリストに追加」

項目の追加:%CurrentItem%

追加先のリスト:%List%


 

5. フローの1番下に「リストから重複する項目を削除」

重複を削除したデータを「%List%」に格納します。


 

6. 「メッセージを表示」

重複を削除したリストをメッセージボックスに表示します。


 

フロー実行後

リストから重複を削除して、メッセージボックスに表示します。


 

リストから重複する項目を削除(Excelデータ)

概要

ExcelのA列のデータから重複を削除して、

C列に転記したいと思います。


 
 

フロー全体像

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成

1. 「Excelの起動」

ドキュメントパス:対象のExcelファイルのパスを指定


 

2. 「Excelワークシートから読み取り」

セル範囲 [A1:A8] を読み取ります。


 

3. 「新しいリストの作成」


 

4. 「Loop」

(手順2)で取得したExcelデータを1つずつループします。

開始値:0(1行目のデータのこと)

終了:%ExcelData.RowsCount – 1%(最終行のデータのこと)

増分:1(1つずつループ)


 

5. 「Loop」の中に「項目をリストに追加」

項目の追加%ExcelData[LoopIndex]%(頭にシングルクォーテーションをつける

追加先のリスト:%List%


 

6. フローの1番下に「リストから重複する項目を削除」

重複を削除したデータを「%List%」に格納します。


 

7. 「Loop」

(手順6)で取得したデータを1つずつループします。

開始値:0(1つ目のデータのこと)

終了:%List.Count – 1%(最後のデータのこと)

増分:1(1つずつループ)


 

8. 「Loop」の中に「Excelワークシートに書き込み」

ExcelのセルC1から、リストの値を転記します。


 

フロー実行後

ExcelのA列のデータから重複を削除して、

C列に転記できました。


 
 

この記事がお役に立ちますと幸いです。

・【PowerAutomateDesktop】Excelを操作する使用例まとめ
 

【PowerAutomateDesktop】Excelを操作する使用例21選
...

 

「できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA」
インストールや基本操作から、Excelでの請求書作成の自動化方法も掲載
本書は、RPA初心者向けとしてナンバーワンです!!