【エクセルマクロ】条件一致する複数セルを選択状態にする:コピペで使えるコード

VBA-条件一致するセル選択-アイキャッチ ExcelVBA

エクセルマクロで、条件一致する複数セルを選択状態にするVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

条件一致する複数セルを選択状態にする

以下のExcelVBAを実行すると、条件に一致するセルを選択します。


Sub 条件に一致するデータを選択状態にする()
    
Dim Rng As Range
Dim Target As String
    
    'セル範囲をループ
    For Each Rng In Range("A1:A20")
    
        '「りんご」だったら
        If Rng.Value = "りんご" Then
        
            'セル番地を格納
            Target = Target & Rng.Address & ","
        End If
    Next
    
    '該当セルを選択状態にする
    Target = Left(Target, Len(Target) - 1)
    Range(Target).Select
    
End Sub

 

マクロ実行後

条件に一致するセルを、一括で選択状態にします。


 

条件一致する複数セルを選択状態にする(InputBox)

以下のExcelVBAを実行すると、インプットボックスを使用して条件一致する複数セルを選択します。


Sub 条件に一致する複数のデータを選択する()

Dim a As Variant
Dim Rng As Range
Dim Target As String

    'インプットボックスを表示
    a = InputBox("入力してください")

    If a <> "" Then

        'セル範囲をループ
        For Each Rng In Range("A1:A20")
        
            '該当データだったら
            If Rng.Value = a Then
            
                'セル番地を格納
                Target = Target & Rng.Address & ","
            End If
        Next
        
        '該当セルを選択状態にする
        Target = Left(Target, Len(Target) - 1)
        Range(Target).Select

    End If

End Sub

 

マクロ実行後

インプットボックスに値を入力します。


 

条件に一致するセルを、一括で選択状態にします。


 

 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】ワークシート処理を自動化する:超便利39選
...

 

「プログラマーの本気がExcelを覚醒させる 超絶ExcelVBA」
ExcelVBAでワンランクアップできる書籍
具体的で応用が利く技をたくさん掲載