【エクセルマクロ】配列の合計を計算する:コピペで使えるコード

エクセルマクロ_配列の合計を計算_アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、配列の合計を計算するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

配列の合計を計算(一次元配列)

以下のExcelVBAを実行すると、配列の数値を合算します。


Sub 配列の要素を足す()

Dim MyList() As Variant
Dim i As Long
Dim Total As Long

    '配列に要素を格納
    MyList = Array(5, 10, 15, 20, 25, 30)
    
    '配列をループ
    For i = 0 To UBound(MyList)
        
        '配列の合計を変数へ格納
        Total = Total + MyList(i)

    Next
    
    MsgBox Total
        
End Sub

 

マクロ実行後

一次元配列 [MyList] をループして、数値の合計を 変数 [Total] に格納します。

合計値をメッセージボックスに表示します。


 
 

配列の合計を計算(二次元配列)

以下のExcelVBAを実行すると、配列内の数字の合計を求めます。


Sub 配列の合計を足す()

Dim MyList() As Variant
Dim i As Long
Dim j As Long
Dim Total As Long

    ReDim Preserve MyList(2, 2)

    '配列に要素を格納
    MyList(0, 0) = 5
    MyList(0, 1) = 10
    MyList(0, 2) = 15
    
    MyList(1, 0) = 20
    MyList(1, 1) = 25
    MyList(1, 2) = 30
    
    MyList(2, 0) = 35
    MyList(2, 1) = 40
    MyList(2, 2) = 45
    
    '配列をループ
    For i = 0 To UBound(MyList, 1)
        For j = 0 To UBound(MyList, 2)
            
            '配列の合計を変数へ格納
            Total = Total + MyList(i, j)
    
        Next
    Next
    
    MsgBox Total
        
End Sub

 

マクロ実行後

二次元配列 [MyList] をループして、数値の合計を 変数 [Total] に格納します。

合計値をメッセージボックスに表示します。


 
 
この記事がお役に立てれば幸いです。
 

【エクセルマクロ】配列処理を自動化する:超便利9選
...

 

「ノンプログラマーのGAFA部長が教えるExcelマクロ入門」
挫折につながるエラーの原因も先回りして丁寧に解説
マクロのたった1割を学べばエクセル業務の9割以上は効率化できる