【エクセルマクロ】SUBTOTAL関数を入力:具体的使用例をご紹介

エクセルマクロ:SUBTOTAL関数を入力するアイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、SUBTOTAL関数を入力するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
せひ、お試しください。

SUBTOTAL関数を入力する

以下のマクロを実行すると、SUBTOTAL関数を入力します。


Sub SUBTOTAL関数を入力する()

Dim Last_Row As Long

    '最終行を取得
    Last_Row = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    
    '関数を入力
    Cells(2, 3) = "=SUBTOTAL(9,C4:C" & Last_Row & ")"

End Sub

 

マクロ実行後

セルC2に、SUBTOTAL関数を入力しました。

先頭行は、4行目を指定しています。


 
 

オートフィルターをかけると、セルC2の合計が変化します。


 
ご覧いただき、ありがとうございます!
 

【エクセルマクロ】ワークシート処理を自動化する:超便利33選
...

 

「たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書【増強完全版】」
「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ
毎日の業務を瞬時に終わらせるしくみを解説