【エクセルマクロ】プルダウンで別シート表示(移動):コピペで使えるコード

ExcelVBA-プルダウンで別シート表示-アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、プルダウンで別シートを表示するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
せひ、お試しください。

プルダウンで別シート表示

以下のマクロを実行すると、プルダウンで選択したシートへ移動します。


Private Sub Worksheet_Change(ByVal Target As Range)

Dim ws As String

    If Target.Column = 1 And Target.Row = 1 Then

        With Target

            If .Value = "Sheet1" Then
                ws = "Sheet1"
                
            ElseIf .Value = "Sheet2" Then
                ws = "Sheet2"
                
            ElseIf .Value = "Sheet3" Then
                ws = "Sheet3"
                
            ElseIf .Value = "Sheet4" Then
                ws = "Sheet4"
                
            ElseIf .Value = "Sheet5" Then
                ws = "Sheet5"
            End If
        End With
    
        Worksheets(ws).Activate
    
    End If

End Sub

 

マクロ実行前

「Sheet1」シートのセルA1にあらかじめプルダウンを作成しておきます。


 

プルダウンの設定内容です。


 

マクロ実行後

「Sheet1」シートのプルダウンで選択したシートへジャンプします。


 

マクロコードを記述する場所は?

「Sheet1」シート内でイベントを発生させるためには、

VBE画面にて「Sheet1」シートにマクロコードを記述します。

 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】ワークシート処理を自動化する:超便利33選
...

 

「プログラマーの本気がExcelを覚醒させる 超絶ExcelVBA」
ExcelVBAでワンランクアップできる書籍
具体的で応用が利く技をたくさん掲載