【エクセルマクロ】条件付き書式を削除する:使用例4選

VBA-条件付き書式を削除する-アイキャッチ ExcelVBA

エクセルマクロで、条件付き書式を削除するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

条件付き書式を削除(特定セル)

以下のマクロを実行すると、条件付き書式を削除します。


Sub 条件付き書式を削除()

    Range("A3").FormatConditions.Delete
    
End Sub

マクロ実行前

A~C列に条件付き書式が設定されています。


 

マクロ実行後

セル [A3] から条件付き書式をクリアします。


 

A列の条件付き書式の「適用先」の範囲が変化しました。


 
 

条件付き書式を削除(特定範囲)

以下のマクロを実行すると、条件付き書式を削除します。


Sub 条件付き書式を削除()

Dim Rng As Range

    Set Rng = Range("A3:C8")

    Rng.FormatConditions.Delete
    
End Sub

マクロ実行前

A~C列に条件付き書式が設定されています。


 

マクロ実行後

セル範囲 [A3:C8] から条件付き書式を消します。


 

A~C列の条件付き書式の「適用先」の範囲が変化しました。


 
 

条件付き書式を削除(シート全体)

以下のマクロを実行すると、条件付き書式を削除します。


Sub 条件付き書式を削除()

    Sheets("Sheet1").Cells.FormatConditions.Delete
    
End Sub

マクロ実行前

A~C列に条件付き書式が設定されています。


 

マクロ実行後

[Sheet1] から条件付き書式を消します。


 

シート内の条件付き書式がすべて削除されました。


 
 

条件付き書式を削除(ブック全体)

以下のマクロを実行すると、条件付き書式を削除します。


Sub 条件付き書式を削除()

Dim Ws As Worksheet
    
    For Each Ws In Worksheets

        Ws.Cells.FormatConditions.Delete
    
    Next
    
End Sub

マクロ実行前

「Sheet1」、「Sheet2」、「Sheet3」のA~C列に、

条件付き書式が設定されています。


 

マクロ実行後

ブック全体から条件付き書式を削除します。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】色付け処理を自動化する:超便利26選
...

 

「プログラマーの本気がExcelを覚醒させる 超絶ExcelVBA」
ExcelVBAでワンランクアップできる書籍
具体的で応用が利く技をたくさん掲載