【エクセルマクロ】重複データを抽出しメッセージボックスに表示

エクセルマクロ 重複データを抽出 アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、重複データを抽出しメッセージボックス表示するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひ、お試しください!

重複データを抽出しメッセージボックス表示

以下のExcelVBAを実行すると、重複データを抽出しメッセージボックス表示します。

Sub 重複データを抽出()
 
Dim DicName As Variant
Dim DicCount As Variant
Dim i As Long
Dim GetName As String
Dim myKey As Variant
Dim myList As Variant
Dim myItem As Variant
Dim msg As String

    '連想配列
    Set DicName = CreateObject("Scripting.Dictionary")
    Set DicCount = CreateObject("Scripting.Dictionary")
    
    'A列のデータを配列に格納
    myList = Range("A1", Range("A" & Rows.Count).End(xlUp))

    '配列をループ
    For i = 2 To UBound(myList)

        '値を変数へ
        GetName = Cells(i, 1)

        '重複しないリストを連想配列へ
        If Not DicName.Exists(GetName) Then
            DicName.Add GetName, GetName
        Else
            '重複しているリストを連想配列へ
            If Not DicCount.Exists(GetName) Then
                 DicCount.Add GetName, 2
             Else
                 '重複件数を数える
                 DicCount(myList(i, 1)) = DicCount(myList(i, 1)) + 1
            End If
        End If

    Next i

    myKey = DicCount.keys
    myItem = DicCount.items
    
    'メッセージボックス表示
    For i = 0 To UBound(DicCount.items)
        msg = msg & myKey(i) & ":" & myItem(i) & vbCrLf
    Next i
    
    MsgBox "【重複しているデータ】" & vbCrLf & msg
     
    Set DicName = Nothing
    Set DicCount = Nothing
     
End Sub

 

マクロ実行後

A列の中で、重複しているデータを抽出してメッセージボックスに表示します。

重複しているデータ件数もメッセージボックスに表示するので、

どのデータが何個あるのか把握することができます。

 

【エクセルマクロ】重複データを値ごとに色分け:自動化が最強かも
エクセルマクロで、重複データを値ごとに色分けするVBAコードをご紹介します。 このページのマクロコ...