【エクセルマクロ】オートフィルタ抽出結果を別ファイル転記する

VBA-フィルタ結果別ファイル転記-アイキャッチ ExcelVBA

エクセルマクロで、オートフィルタ抽出結果を別ファイルへ転記するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

フィルタ抽出結果を別ファイルへ転記

以下のExcelVBAを実行すると、フィルタ抽出したデータを別ブックに書き出します。


Sub オートフィルタ抽出データを別ファイルへ書き出し()

Dim Wb1 As Workbook
Dim Wb2 As Workbook

    '現在開いているファイルを変数格納
    Set Wb1 = ActiveWorkbook
 
    '別ファイルを開く
    Workbooks.Open "C:\Users\admin\Documents\work\リスト2.xlsx"
    Set Wb2 = ActiveWorkbook
    
    'フィルターでデータ抽出
    Wb1.Sheets("Sheet1").Range("A1").CurrentRegion.AutoFilter _
        Field:=3, _
        Criteria1:="埼玉県"
        
    'フィルター抽出結果を別ファイルへ転記
    Wb1.Sheets("Sheet1").Range("A1").CurrentRegion.Copy Wb2.Sheets("Sheet1").Range("A1")

End Sub

 

マクロ実行前

「リスト」ファイルにデータが入っています。


 

マクロ実行後

オートフィルタで条件が一致するデータを絞り込んで、

別ファイルに転記します。


 
 

フィルタ抽出結果を別ファイルへ転記(新規ファイル)

以下のExcelVBAを実行すると、フィルタ抽出したデータを新規ブックに書き出します。


Sub フィルタ抽出データを別のファイルへ書き出し()

Dim NewBook As Workbook
Dim Wb1 As Workbook

    '現在開いているファイルを変数格納
    Set Wb1 = ActiveWorkbook
 
    '新規ファイル作成
    Workbooks.Add
    Set NewBook = ActiveWorkbook
    
    'フィルターでデータ抽出
    Wb1.Sheets("Sheet1").Range("A1").CurrentRegion.AutoFilter _
        Field:=3, _
        Criteria1:="埼玉県"
        
    'フィルター抽出結果を別ファイルへ転記
    Wb1.Sheets("Sheet1").Range("A1").CurrentRegion.Copy NewBook.ActiveSheet.Range("A1")

End Sub

 

マクロ実行前

「リスト」ファイルにデータが入っています。


 

マクロ実行後

オートフィルタで条件が一致するデータを絞り込んで、

新規ファイルに転記します。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 
・【エクセルマクロ】オートフィルタ処理を自動化する使用例まとめ
 

【エクセルマクロ】オートフィルタ処理を自動化:超便利27選
...

 

「プログラマーの本気がExcelを覚醒させる 超絶ExcelVBA」
ExcelVBAでワンランクアップできる書籍
具体的で応用が利く技をたくさん掲載