【エクセルマクロ】配列を検索して完全一致する要素の存在チェック

エクセルマクロ_配列を検索して完全一致する要素の存在チェック_アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、配列を検索して完全一致する要素があるかチェックするVBAコードをご紹介します。

配列を先頭からループして、要素をチェックします。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

配列を検索して完全一致する要素の存在チェック

以下のExcelVBAを実行すると、配列に指定文字があるか検索します。


Sub 配列検索して完全一致する要素があるかチェック()

Dim MyList() As Variant
Dim i As Long
Dim j As Long
Dim Target As String

    '配列に要素を格納
    MyList = Array("りんご", "みかん", "ぶどう", "もも")
    
    '検索対象の文字
    Target = "みかん"
    
    j = 0
        
     'セルをループ
     For i = 0 To UBound(MyList)
            
        '検索文字が見つかった場合
        If MyList(i) = Target Then
            MsgBox "存在します"
            j = j + 1
            Exit For
        End If
    Next
    
    If j = 0 Then
        MsgBox "存在しません"
    End If
    
End Sub

 

完全一致する要素が存在する場合

[Target = “みかん”] に、検索対象の文字を入力します。

配列 [MyList] に検索対象の文字がある場合、メッセージボックスに「存在します」と表示します。


 

完全一致する要素が存在しない場合

検索対象に [Target = “いちご”] と指定した場合、

完全一致する要素がないため、メッセージボックスに「存在しません」と表示します。


 
 
この記事がお役に立てれば幸いです。
 

【エクセルマクロ】配列処理を自動化する:超便利9選
...

 

「たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書【増強完全版】」
「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ
毎日の業務を瞬時に終わらせるしくみを解説