【Sharepointリスト】列の種類変更:1行テキスト→参照列

sharepoint-一行テキストを参照列にしたい-アイキャッチ パソコン関連

Sharepointのリストで、列の種類を「1行テキスト」から「参照列」に変更を試みた備忘録です。

この記事がお役に立ちますと幸いです。

リストを準備

まず「仕入先」と「仕入明細」のリストを準備します。


 

「仕入明細」の ”商品名” を1行テキスト ⇒ 参照に変更したいと思います。


 

列の種類の変更を試みる

”商品名” の下向き三角 > 列の設定 > 編集


 

1行テキスト ⇒ 参照に変更したいのですが、

「参照」という項目がありません・・。

どうやらこの方法では変更できないようです。


 

解決方法

解決方法(裏ワザ)をご紹介します。

「仕入明細」リストのページを開く > 歯車マーク > リストの設定


 

「列の作成」


 

新規で「参照」列を作成し、取得先を設定します。

※列名は仮に「テスト」とします。


 

「仕入明細」リストに、参照列を追加しました。


 

グリッドビューにして、「商品名」の列を選択して「Ctrl+C」でコピーします。


 

キーボードで「テスト」列までカーソル移動をして、「Ctrl+V」でデータを貼り付けます。

グリッドビューを終了します。

Emptyの表示は無視してOKです。

※マウスでカーソル移動をすると、「Ctrl+V」が効かないようです。


 

「商品名」の列をコピーして、新たに参照列を作成することができました。

「商品名」の列は削除か非表示にすればOKです。


 

「テスト」列をクリックすると、別タブが開き「仕入先」の情報が開きます。

参考になりましたら、幸いです。
 

【Sharepoint】便利ワザまとめ9選:その困ったを解決
...

 

「ひと目でわかるPower Apps」
コードを書かなくてもビジネスアプリが簡単に作れる
初心者にもわかりやすい解説本です。