【Python】Excelの数式を値に変換:openpyxlの基本テクニック

Python_シートの数式を値に変換_アイキャッチ Python

Python(openpyxl)で、エクセルの数式を値に変換するコードをご紹介します。

ぜひ、お試しください。

Excelの数式を値に変換する

以下のコードを実行すると、[data_only=True] を使用して計算式を値にします。


import openpyxl

wb = openpyxl.load_workbook('C:/Users/xxx/Desktop/test/test.xlsx',data_only=True)
ws = wb['Sheet1']

#別名で保存
wb.save('C:/Users/xxx/Desktop/test/testシート値貼り付け.xlsx')

 

コード実行前

シート内の黄色セルには計算式が入っている状態です。


 
 

コード実行後

シート内の数式を値に変換します。

[openpyxl.load_workbook] にてファイルを指定する際に、

[data_only=True] を設定することで、数式の結果のみ取得することができます。


 
 
シート全体を値貼り付けしたような結果になります。

この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【Python】エクセル処理を自動化:超便利41選
...