【Python】Excelを読み込み配列へ格納:xlrdでデータ抽出

python_Excel読み込み配列格納_アイキャッチ Python

Pythonで、Excelを読み込み配列へ格納するコードをご紹介します。

Excelを読み込み配列へ格納

以下のソースコードを実行すると、Excelを読み込んで配列へ格納します。


import xlrd

#Excelファイルを指定
Wb = xlrd.open_workbook('C:/Users/Documents/テスト.xlsx')

#シートを指定
Sheet_1 = Wb.sheet_by_name('シート1')

#シートの最終行を取得
Sheet_Max = Sheet_1.nrows

#配列宣言
My_Name = []
My_Suryo = []

#シートの2行目~最終行をループ
for i in range(1,Sheet_Max):

    #A列を配列へ格納
    My_Name.append(Sheet_1.cell_value(i,0))

    #B列を配列へ格納
    My_Suryo.append(int(Sheet_1.cell_value(i,1)))

print(My_Name)
print(My_Suryo)

 

対象のExcelファイル

エクセルファイル「テスト.xlsx」に入力されている値を配列に格納します。


 

ソースコード実行後

コマンドプロンプトで、配列の中身を表示しました。


 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【Python】エクセル処理を自動化:超便利41選
...