【エクセルマクロ】複数のテキストファイルをExcel読込:動画あり

vba-複数のテキストファイル読み込み-アイキャッチ ExcelVBA

エクセルマクロで、複数のテキストファイルをExcelに読み込みするVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

複数のテキストファイルをExcel読込

以下のマクロを実行すると、ダイアログからメモ帳を選択してExcelに出力します。


Sub テキストファイルを順番に読み込みしてエクセルへ転記()

Dim openFilePath As Variant
Dim pt As Variant
Dim MacroFile As Workbook
Dim Cnt As Long

    Set MacroFile = ActiveWorkbook
    
    Cnt = 1
    
    'ファイルを開くダイアログ(複数ファイル選択OK)
    openFilePath = Application.GetOpenFilename _
    ("テキストファイル (*.txt),*.txt", , "テキストファイルを選択", MultiSelect:=True)
    
    'テキストファイルを開く
    If IsArray(openFilePath) Then
    
        '選択したファイルを順番に開く
        For Each pt In openFilePath
        
            Application.ScreenUpdating = False
        
                'テキストファイルを開く
                Workbooks.Open pt
    
                'テキストファイルをエクセルに出力
                Columns(1).Copy MacroFile.Sheets("Sheet1").Cells(1, Cnt)
                Cnt = Cnt + 1
                
                'テキストファイル閉じる
                ActiveWorkbook.Close False
            
            Application.ScreenUpdating = True
        
        Next pt
    End If

End Sub

 

マクロ実行後

ファイルを選択するダイアログが開くので、テキストファイルを選択します。

複数ファイル選択可能です。


 

[For Each pt In openFilePath] にて、

選択したテキストファイルをループ処理します。

テキストファイルの中身をExcelに出力していきます。

※今回は、3ファイル選択したので3回ループします。

【1回目のループ】


 

【2回目のループ】


 

【3回目のループ】


 

動画の解説

動画ではコードの作り方・動作を確認できます。

クリックすると、このブログ上で再生されます^^

 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 
・【エクセルマクロ】テキストファイルを自動処理する使用例を見る
 

【エクセルマクロ】テキストファイルを自動操作する:超便利8選
...

 

「プログラマーの本気がExcelを覚醒させる 超絶ExcelVBA」
ExcelVBAでワンランクアップできる書籍
具体的で応用が利く技をたくさん掲載