【エクセルマクロ】テキストファイルの重複しないデータ作成する

ExcelVBA_テキストファイル重複削除_アイキャッチ ExcelVBA

エクセルマクロで、テキストファイルの重複しないデータ作成するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

テキストファイルの重複しないデータ作成

以下のマクロを実行すると、テキストファイルを読み込み、重複を除いたデータを転記します。


Sub メモ帳の重複行を削除し重複しないデータ作成()

Dim Txt_file As String
Dim GetName As String
Dim i As Long
Dim myKey As Variant
Dim Dic As Variant

    '連想配列
    Set Dic = CreateObject("Scripting.Dictionary")

    'テキストファイルを開く
    Txt_file = "C:\Users\admin\Desktop\テスト\input.txt"
    Workbooks.OpenText FileName:=Txt_file

    '1~最終行までループ
    For i = 1 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

        '値を変数へ
        GetName = Cells(i, 1)

        '重複しないリストを連想配列へ
        If Not Dic.Exists(GetName) Then
            Dic.Add GetName, GetName
        End If
    Next i

    myKey = Dic.keys

    '開いたテキストファイルを保存しないで閉じる
    ActiveWindow.Close False

    '転記先のテキストファイルを開く
    Txt_file = "C:\Users\admin\Desktop\テスト\output.txt"
    Workbooks.OpenText FileName:=Txt_file

    '重複しない値を書き込み
    For i = 0 To UBound(myKey)
        Cells(i + 1, 1) = myKey(i)
    Next i

    'ファイルを保存して閉じる
    ActiveWindow.Close True

End Sub

 

マクロ実行前

input.txt」は、重複している文字と、重複していない文字があります。

output.txt」は、まっさらなテキストファイルです。


 

マクロ実行後

input.txt」の中から重複しない文字列を抽出して、

output.txt」へ出力します。


 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 
 
・【エクセルマクロ】テキストファイルを自動処理する使用例を見る
 

【エクセルマクロ】テキストファイルを自動操作する:超便利8選
...

 

「プログラマーの本気がExcelを覚醒させる 超絶ExcelVBA」
ExcelVBAでワンランクアップできる書籍
具体的で応用が利く技をたくさん掲載