【エクセルマクロ】名前を付けて保存で日付をダイアログ表示

ExcelVBA-名前を付けて保存で日付をダイアログ表示-アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、名前を付けて保存で日付をダイアログ表示するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

名前を付けて保存で日付をダイアログ表示(マクロ有効ブックで保存)

以下のマクロを実行すると、名前をつけて保存ダイヤログを表示し、日付をファイル名に設定します。


Sub 日付をファイルにして保存()

Dim FileName As String
Dim Done As Variant

    '日づけを変数格納
    FileName = Format(Date, "yyyymmdd")

    '名前を付けて保存ダイヤログ表示
    Done = IIf(Application.Dialogs(xlDialogSaveAs). _
     Show(Arg1:=ThisWorkbook.path & "\" & FileName & ".xlsm", Arg2:=52), _
     "保存", "キャンセル")

End Sub

 

マクロを実行すると、「ファイル名」に今日の日付を表示して、

「ファイルの種類」にExcelマクロ有効ブックを設定します。


 
 

名前を付けて保存で日付をダイアログ表示(Excelブックで保存)

以下のマクロを実行すると、名前を付けて保存ダイヤログを表示し、本日の日付をファイル名に表示します。


Sub 本日の日付をブック名にする()

Dim FileName As String
Dim Done As Variant

    '本日の日付をファイル名
    FileName = Format(Date, "yyyymmdd")

    '名前を付けて保存ダイヤログ表示
    Done = IIf(Application.Dialogs(xlDialogSaveAs). _
     Show(Arg1:=ThisWorkbook.path & "\" & FileName & ".xlsx", Arg2:=12), _
     "保存", "キャンセル")

End Sub

 

マクロを実行すると、「ファイル名」に今日の日付を表示して、

「ファイルの種類」にExcelブックを設定します。


 

名前を付けて保存で日付をダイアログ表示(セル値使用)

以下のマクロを実行すると、名前を付けて保存ダイヤログを表示し、ファイル名をセル値から取得します。


Sub 自動で日付をファイルに設定()

Dim FileName As String
Dim Done As Variant

    'ファイル名にしたいセル値を変数格納
    FileName = Format(Range("B1"), "yyyymmdd")

    '名前を付けて保存ダイヤログ表示
    Done = IIf(Application.Dialogs(xlDialogSaveAs). _
     Show(Arg1:=ThisWorkbook.path & "\" & FileName & ".xlsm", Arg2:=52), _
     "保存", "キャンセル")

End Sub

 

日付が入っているセルをファイル名に使用します。


 

マクロを実行すると、「ファイル名」に日付を表示して、

「ファイルの種類」にExcelマクロ有効ブックを設定します。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】名前を付けて保存処理を自動化:超便利7選
...

 

「Excel自動化[最強]時短仕事術」
自動化の基礎と時短に役立つテクニック解説書
毎日の定型業務を手際良く行え、大幅な業務効率化を実現!