【エクセルマクロ】PDFを開く:使用例3選をご紹介

ExcelVBA-PDF開く-アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、PDFを自動で開くVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

PDFを開く(特定ファイル)

以下のExcelVBAを実行すると、特定のPDFを開きます。


Sub PDFを自動で開く()

    Dim MyPath As String
    
    MyPath = "C:\Users\admin\Desktop\テスト\データ1.pdf"

    CreateObject("Shell.Application").ShellExecute MyPath

End Sub

 
特定のPDFファイルを自動で開きます。


 
 

PDFを開く(特定フォルダ)

以下のExcelVBAを実行すると、特定のフォルダにある全てのPDFを開きます。


Sub PDFを開く()

    Dim MyPath As String
    Dim f As Object
    
    'PDF保存フォルダ
    MyPath = "C:\Users\admin\Desktop\テスト"
        
    With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    
        'フォルダループ
        For Each f In .GetFolder(MyPath).Files
        
            'PDF開く
            CreateObject("Shell.Application").ShellExecute f
        
        Next f
    End With

End Sub

 
フォルダ内にあるすべてのPDFを一括で開きます。


 
 

PDFを開く(特定文字含む)

以下のExcelVBAを実行すると、特定の文字を含むPDFを開きます。


Sub PDFを開く()

    Dim MyPath As String
    Dim f As Object
    
    'PDF保存フォルダ
    MyPath = "C:\Users\admin\Desktop\テスト"
        
    With CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
    
        'フォルダループ
        For Each f In .GetFolder(MyPath).Files
        
            '特定の文字を含むか調べる
            If InStr(f, "納品書") >= 1 Then
        
                'PDF開く
                CreateObject("Shell.Application").ShellExecute f
            
            End If
        
        Next f
    End With

End Sub

 
フォルダ内にある指定文字を含むPDFをまとめて開きます。

InStr関数を使用して「納品書」の文字を含むPDFのみ開きます。


 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】PDF処理を自動化:超便利7選
...

>>【100万人以上が使う】タスク管理ツール「Backlog」の無料トライアルをする