【エクセルマクロ】エクセルをテキストファイルへ出力(タブ区切り)

ExcelVBA_エクセルをテキストファイル保存_アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、エクセルをテキストファイル(タブ区切り)へ出力するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

エクセルをテキストファイルへ出力

以下のマクロを実行すると、エクセルデータをテキストファイルへ書き出します。


Sub Excelファイルをtextファイルへ変換()

Dim MyPath As String
Dim MyName As String
        
    'ファイルパス
    MyPath = ThisWorkbook.Path
    
    'テキストファイルにつける名前
    MyName = "リスト"
    
    '対象シート別ファイルへ複製
    Sheets("Sheet1").Select
    Sheets("Sheet1").Copy
    
    'テキストタブ区切りで保存
    ActiveWorkbook.SaveAs fileName:=MyPath & "/" & MyName & ".txt", _
        FileFormat:=xlText, CreateBackup:=False
                     
    '複製したファイルを閉じる
    ActiveWorkbook.Close False
            
End Sub

 

対象ファイル

「Sheet1」のデータをテキストファイルへ書き出しします。


 

マクロ実行後

エクセルシートの内容をテキスト(タブ区切り)で保存します。

エクセルをテキストファイルへ出力(特定列)

以下のマクロを実行すると、エクセルの特定範囲をテキストファイルへ書き出します。


Sub Excelの特定列をtextファイルへ変換()

Dim MyPath As String
Dim MyName As String
        
    'テキストファイルのファイルパス
    MyPath = ThisWorkbook.Path
    
    'テキストファイルの名前
    MyName = "リスト"
    
    '「インポート用」シート複製
    Sheets("Sheet1").Select
    Sheets("Sheet1").Copy
    
    '不要列を削除
    Columns("B:F").Delete
    
    'テキストタブ区切りで保存
    ActiveWorkbook.SaveAs fileName:=MyPath & "/" & MyName & ".txt", _
        FileFormat:=xlText, CreateBackup:=False
                     
    'コピーしたファイルを閉じる
    ActiveWorkbook.Close False
            
End Sub

 

マクロ実行後

「Sheet1」の特定の列のみテキストファイル(タブ区切り)へ書き出します。

[Columns(“B:F”).Delete] にて、複製したシートから不要列を削除した後に、

エクセルをテキストへ出力します。


 
 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】テキストファイルを自動操作する:超便利7選
...