【ワードマクロ】表にタイトル行の繰り返しを設定:ざっくり解説するよ

ワードマクロで表のタイトル行を繰り返するアイキャッチ ワードマクロで効率化する

ワードマクロで、表にタイトル行の繰り返しを設定するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
せひ、お試しください。

タイトル行の繰り返しを設定する

以下のWordVBAを実行すると、
ワードファイル内にある、すべての表にタイトル行の繰り返しを設定します。

Sub 表のタイトル行の繰り返しを設定()

 Dim i As Long

 For i = 1 To ActiveDocument.Tables.Count

  With ActiveDocument.Tables(i)

      'タイトル行の繰り返しを設定
   .Rows(1).HeadingFormat = True

  End With

 Next i

End Sub

マクロ実行前

表が2ページ以上に渡って表示されている状態です。
表にタイトル行の繰り返しを設定する前

マクロ実行後

1ページから2ページ目へまたがった表にも、表のタイトル行を表示しました。

 

VBAコードの解説

[For i = 1 To ActiveDocument.Tables.Count]は、
ワードファイル内にある表の総数をカウントし、全ての表をループします。

[ActiveDocument.Tables(i)]は、
ワードファイル内の上から何個目にある表なのかを示します。
[i=1」の場合、ワードファイル内の1番上にある表を示します。

[.Rows(1).HeadingFormat = True]は、
処理対象の表について、タイトル行の繰り返しを設定します。

※タイトル行の繰り返しを解除したい場合は、
[.Rows(1).HeadingFormat = True] を [.Rows(1).HeadingFormat = False]に設定します。
 
 
 

【ワードマクロ】表の文字列を中央揃え:時間短縮のコツを教えるよ
ワードファイル内にある「表中の文字列をセンタリングする」WordVBAコードの組み方を記載しています。図解つきで説明しています。「すべての表の文字を中央揃えにする」「全ての表の1列目のみを中央寄せにする」「全ての表の1列目のみを中央ぞろえにする」結合したCellについてもセル内で中央揃えに設定されます。