【ワードマクロ】太文字に設定:自動化して時短になる方法

ワードマクロ:太文字に設定するアイキャッチ ワードマクロで効率化する

ワードマクロで、太文字に設定するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
ぜひお試しください!

太文字に設定する

以下のWordVBAを実行すると、文字を太文字に設定します。

Sub 太文字に変更()
 
Dim Target As String

    '文書の先頭を選択
    ActiveDocument.Range(0, 0).Select
    
    '太文字にしたい文字を変数に格納
    Target = "会員"
    
    '太文字を適用
    With Selection.Find
    
        .Text = Target
        
        Do While .Execute
        
            Selection.Font.Bold = wdToggle
        
        Loop
    
    End With

End Sub

 

マクロ実行後

「会員」という文字を、太文字にしました。

 

太文字に設定する(複数の単語)

以下のWordVBAを実行すると、文字を一括で太文字に変更します。

Sub 複数の単語に太文字を設定()
 
Dim i As Long
Dim Target() As Variant
     
    '複数単語を配列に格納
    Target = Array("会員", "ゴールド", "主婦")
     
    '配列分ループ
    For i = 0 To UBound(Target)
     
        '文書の先頭を選択
        ActiveDocument.Range(0, 0).Select
     
        '太文字を適用
        With Selection.Find
            .Text = Target(i)
          
            Do While .Execute
                Selection.Font.Bold = wdToggle
            Loop
             
        End With
     
    Next i
    
    Erase Target
 
End Sub

 

マクロ実行後

複数文字を一括で太文字に変更しました。

 

【ワードマクロ】特定の文字を蛍光ペンで着色する超具体的な使用例
...