【Sharepointリスト】Excelインポートで日付表示がおかしい:解決方法

sharepoint-Excelインポートで日付表示がおかしい-アイキャッチ パソコン関連

Sharepointのリストで、Excelをインポートしたときに日付がシリアル値になってしまう場合の解決方法をご紹介します。

ぜひ、お試しください。

Excelインポートで日付表示がおかしい

インポートで日付がシリアル値になってしまったときの内容をご説明します。

Excelを準備します。


 

テーブルを作成します。

 

sharepoint サイトコンテンツ > 新規 > リスト


 

Excelから

sharepoint-リスト-インポート手順
 

ファイルをアップロードする > 作成したファイルを選択


 

次へ

この時点で4列目がシリアル値になっています。


 

作成


 

日付が数字でインポートされてしまいました・・。


 

解決方法

エクセルの日付を文字列に変換する必要があります。

テーブルから1列離れた列に関数を入力します。

セルG2ですと、=TEXT(テーブル2[@4],”yyyy/m/d”)


 

テーブル名は、下図の部分にて確認します。


 

セルG2の計算式を下まで伸ばします。


 

G列をコピーして、D列に値貼り付けします。


 

D列が文字列になったので、このExcelデータを再度リストへインポートしてみます。


 

日付形式でインポートすることができました!


 
 

列の種類を変更

インポート後の日付の「列の種類」を 1行テキスト→日付と時刻 に変更します。


 

「保存」

(データは消えずに残ります。)


 

データを新規で追加する場合、カレンダーが表示されるようになります。


 

新規で追加したデータの様子です。


 

Excelからインポートした日付は、

グリッドビューなどで編集画面にするとカレンダーが表示されます。

カレンダーが表示されることにより、きちんと日付として認識されていることが分かります。


 

参考になりましたら、幸いです。
 

【Sharepoint】便利ワザまとめ9選:その困ったを解決
...

 

「ひと目でわかるPower Apps」
コードを書かなくてもビジネスアプリが簡単に作れる
初心者にもわかりやすい解説本です。