【Python】画像認識でLINE起動してみた:pyautoguiの基本テクニック

Python_画像認識でLINE起動_アイキャッチ Python

Python(pyautogui)で、画像認識でLINEを起動するコードをご紹介します。

[locateOnScreen] を使用して、RPA自動化ツールを作成します。
ぜひ、お試しください。

画像認識でLINE起動

以下のコードを実行すると、パソコン画面から画像の座標を取得してダブルクリックします。


import pyautogui as pag

savepath = 'C:/Users/admin/Desktop/test/image_1.png'

icon_loc = pag.locateOnScreen(savepath)
x, y = pag.center(icon_loc)

pag.moveTo(x, y, 1)
pag.doubleClick(x, y)

 

コード実行前

・デスクトップにLINEアイコンのショートカットを作成します。

・LINEアイコンのショートカットを、キャプチャ画像として保存します。

[savepath] に、キャプチャ画像の保存先を入力します。

 

コード実行後

PCスクリーン上に、[savepath] の画像と似たものが存在するかチェックします。


 

PC画面上に似た画像が存在する場合、画像位置を検出してマウスカーソルを移動します。


 

見つけた画像の真ん中をダブルクリックします。

LINEのログイン画面を表示することができました。


 
 
初めてコードを動かしたときは、「勝手に動いてるー!」と感動しました^^

この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【Python】スクリーンショットを1秒ごとに保存:pyautoguiの基本テクニック
...

 

「Python2年生 スクレイピングのしくみ」

機械学習を始めたい方必見
必要最低限の文法をピックアップして解説
ネットからデータ収集を始めたい方へオススメの1冊です!