【Python】Excelにリサイズした画像を挿入:Openpyxlで簡単自動化

Python-Excelに画像挿入133-アイキャッチ Python

Pythonで、Excelに画像をリサイズして挿入する方法をご紹介します。

Excelにリサイズした画像を挿入

以下のプログラミングを実行すると、エクセルにサイズ変更をした画像を差し込みます。


import openpyxl
from openpyxl.drawing.image import Image

#画像挿入するエクセルファイルを指定
wb = openpyxl.load_workbook('C:/Users/admin/Desktop/テスト/test.xlsx')
ws = wb["Sheet1"]

#挿入する画像パス
img = Image('C:/Users/admin/Desktop/テスト/object.png')

#リサイズ
img.width = 50
img.height = 50

#画像挿入
ws.add_image(img, 'B2')

#別名保存
wb.save('C:/Users/admin/Desktop/テスト/画像挿入.xlsx')

 

コード実行前

あらかじめ画像ファイルを準備します。


 

コード実行後

[wb] で指定したエクセルファイルが別名で保存されます。


 

エクセルファイルの「Sheet1」の指定セルから、画像を挿入します。

画像サイズを小さくして、エクセルに貼り付けることができました!


 
 
この記事が参考になりましたら幸いです。
 

【Python】エクセル処理を自動化:超便利51選
...