【PowerAutomateDesktop】ループを抜ける:使用例2選

PowerAutomateDesktop-ループ抜ける-アイキャッチ PowerAutomate

Power Automate Desktopで、ループを抜ける方法をご紹介します。

ぜひ、お試しください!

ループを抜ける(Loopを抜ける)

フロー全体像

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。

2回目のループ時に、ループを抜ける処理を作ります。


 

フロー作成

1. 「Loop」

1~3まで、3回ループ処理をする設定をします。


 

2. 「If」

最初のオペランド:2(2回目のループのとき)

演算子:と等しい(=)

2番目のオペランド:%LoopIndex%
  

 

3. 「ループを抜ける」


 

4. 「メッセージを表示」

表示するメッセージ:%LoopIndex%


 

フロー実行

1回目のループでメッセージボックスを表示して、

2回目のループで、ループを抜けてフローを終了します。

メッセージボックスは、1回目のループのときだけ表示されます。


 
 

ループを抜ける(For eachを抜ける)

フロー全体像

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。

2回目のループ時に、ループを抜ける処理を作ります。


 

フロー作成

1. 「変数の設定」

値:%[1, 2, 3]%


 

2. 「For each」

反復処理を行う値:%NewVar%


 

3. 「If」

最初のオペランド:2(2回目のループのとき)

演算子:と等しい(=)

2番目のオペランド:%CurrentItem%


 

4. 「ループを抜ける」


 

5. 「メッセージを表示」

表示するメッセージ:%CurrentItem%


 

フロー実行

1回目のループでメッセージボックスを表示して、

2回目のループで、For eachを抜けてフローを終了します。

メッセージボックスは、1回目のループのときだけ表示されます。


 
 

以上、Power Automate Desktopの活用術でした。

この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【PowerAutomateDesktop】ループ回数を指定する:2選
...

 

「できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA」
インストールや基本操作から、Excelでの請求書作成の自動化方法も掲載
本書は、RPA初心者向けとしてナンバーワンです!!