PowerAutomateDesktop:3秒後にスクショして画像保存:RPA活用事例

PowerAutomateDesktop-スクリーンショット画像保存-アイキャッチ PowerAutomate

Power Automate Desktopで、3秒後に画面をスクリーンショットして画像保存する方法をご紹介します。

ぜひ、お試しください!

3秒後にスクショして画像保存

フロー全体像

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成

1. 「Wait」

期間:3(3秒間待機)


 

2. 「スクリーンショットを取得」

「画像ファイル」と「画像の形式」の拡張子を合わせてください(今回の場合は「PNG」)


 

フロー実行

画面全体をスクショして、PNGファイルとして自動保存できました。


 

3秒後にスクショして画像保存(ループ使用)

フロー全体像

3秒後ごとに1枚のスクショを取得して、画像保存したいと思います。

フロー作成で、作り方を詳しく解説します。


 

フロー作成

1. 「Loop」

3回ループ


 

2. 「Wait」

期間:3(3秒間待機)


 

3. 「スクリーンショットを取得」

「画像ファイル」と「画像の形式」の拡張子を合わせてください(今回の場合は「PNG」)

「画像ファイル」に ”%LoopIndex%” を入れることで、ファイル名を連番にすることができます。


 

フロー実行

画面全体をスクショして、PNGファイルとして自動保存できました。


 

 

以上、Power Automate Desktopの活用術でした。

この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【PowerAutomateDesktop】Web画像をスクショ保存:RPA活用事例
...

 

「できるPower Automate Desktop ノーコードで実現するはじめてのRPA」
インストールや基本操作から、Excelでの請求書作成の自動化方法も掲載
本書は、RPA初心者向けとしてナンバーワンです!!