【エクセルマクロ】下線のみ合計する:成果を出す時短術

エクセルマクロ_下線があるセルのみ合計_アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、下線のみ合計するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
せひ、お試しください。

下線のみ合計する

以下のExcelVBAを実行すると、下線のみ合計します。


Sub 下線が引かれているセルの合計を集計()

    Dim MyRange As Range
    Dim Total As Long

    Total = 0

    '検索範囲
    For Each MyRange In Range("B1:B20")

        'セルに下線が引いてある、かつ数値だったら
        If MyRange.Font.Underline <> -4142 And IsNumeric(MyRange) Then
        
            '下線の数字を加算
            Total = Total + MyRange

        End If
    Next

    '下線の合計を表示
    MsgBox "【下線があるセルの合計】 " & Total

End Sub

 

マクロ実行後

下線があるセルだけの合計を算出します。

[MyRange.Font.Underline <> -4142] は、セルに下線が引かれているかチェックします。

[IsNumeric(MyRange)] は、セルに入力されている値が数値かどうかチェックします。


 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】太字のみ合計する:成果を出す時短術
...

 

「たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書【増強完全版】」
「5時間かかる作業が3時間でできます」ではなく「1秒で終わらせます」へ
毎日の業務を瞬時に終わらせるしくみを解説