【エクセルマクロ】オプションボタンを削除する:使用列4選

ExcelVBA_オプションボタン削除-_アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、オプションボタン(ラジオボタン)を削除するVBAコードをご紹介します。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
せひ、お試しください。

オプションボタンを削除

以下のExcelVBAを実行すると、アクティブシート内にあるすべてのオプションボタンを削除します。


Sub ラジオボタンを一括削除()

Dim rb As OptionButton

    For Each rb In ActiveSheet.OptionButtons
        rb.Delete
    Next

End Sub

 

マクロ実行後

オプションボタンを一括で自動消去します。


 
 

オプションボタンを削除(特定範囲)

以下のExcelVBAを実行すると、特定範囲内にあるオプションボタンを消去します。


Sub ラジオボタンを消す()

Dim rb As OptionButton

    For Each rb In ActiveSheet.OptionButtons

        If Not Application.Intersect(rb.TopLeftCell, ActiveSheet.Range("B2:B5")) Is Nothing Then
             rb.Delete
        End If
   
    Next

End Sub

 

マクロ実行後

セル範囲 [B2:B5] の中にあるオプションボタンを消します。


 

オプションボタンを削除(特定列)

以下のExcelVBAを実行すると、特定の列にあるオプションボタンを削除します。


Sub 特定列のオプションボタンを消す()

Dim rb As OptionButton

    For Each rb In ActiveSheet.OptionButtons

       If rb.TopLeftCell.Column = 2 Then
            rb.Delete
        End If
   
    Next

End Sub

 

マクロ実行後

B列にあるオプションボタンを消去します。


 

オプションボタンを削除(特定行)

以下のExcelVBAを実行すると、特定の行にあるオプションボタンをクリアします。


Sub 特定行のラジオボタンを消す()
 
Dim cb As checkbox
     
    For Each cb In ActiveSheet.CheckBoxes

        If cb.TopLeftCell.Row = 2 Or cb.TopLeftCell.Row = 4 Then
            cb.Delete
        End If
          
    Next cb
 
End Sub

 

マクロ実行後

2行目と4行目にあるオプションボタンを消去します。

 
この記事がお役に立ちますと幸いです。