【エクセルマクロ】ダブルクリックで行を削除する:簡単解説

エクセルマクロ_ダブルクリックで行を削除_アイキャッチ エクセルマクロで効率化する

エクセルマクロで、ダブルクリックで行を削除するVBAコードをご紹介します。
 


 

もっと簡単に行を削除したい、と思ったことはありませんか?
VBAを組んでおくと、行を消す作業が自動で素早くできます。

※一度マクロを実行すると、
「戻る」ボタンを押してもマクロ実行前の状態に戻すことはできませんので、ご注意ください。

このページのマクロコードは、コピペで使えます。
せひ、お試しください。
 

ダブルクリックで行を削除する

以下のExcelVBAを実行すると、ダブルクリックした行を削除します。


Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
 
    With Target
        Rows(Target.Row).Delete Shift:=xlUp
        Cancel = True
    End With
 
End Sub

 
 

特定の列をダブルクリックしたときのみマクロを実行したい時は?

下記コードのように、IF文を追加します。

[If .Column = 1 Then] は、1列目(A列)をダブルクリックしたときのみ、

マクロが実行されるように設定しています。


Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
 
    With Target
        If .Column = 1 Then
           Rows(Target.Row).Delete Shift:=xlUp
           Cancel = True
        End If
    End With
 
End Sub

 
この記事がお役に立ちますと幸いです。
 

【エクセルマクロ】ダブルクリックで処理を実行:超便利18選
...